夏の季節にモテる男の匂いは、清涼感溢れる柑橘系か、それともラベンダー香る癒し系か

万全の匂いケアで「女性と遊びたい」という男の願望を満たす

自覚がない体臭で何故他人を不快にするのか

多くの人が経験していることかもしれませんが、夏の炎天下に外出してたっぷりと汗をかき、帰宅後、汗だくのシャツや下着を脱ぐと、着ていたものからツーンと鼻を刺す匂いのすることがあります。
着ていた時には、それほど感じなかった匂いが洋服などに移った汗や皮脂から出る脂肪酸のきつい匂いになっているようです。
同じようなことで、枕の匂いも、夜、就寝してから寝汗などを嗅いだ匂いが枕に移っています。
シャツや下着、そして枕など、自分が使ったものから発せられる匂いこそ、自分の体臭そのものだと認識して、対策を施すべきでしょう。
特に、40歳代から注意したい加齢臭は、意外と自分では気づかず、他人から指摘されて初めて分かることも多いようです。

日々の生活改善で変わる身体の匂い

体臭には個人差があり、他人にものすごく不快感を与えるものから、それほど不快と感じないレベルまであって、その差の生じる生活習慣に要因があります。
例えば、夏場にエアコンの効いた快適なオフィスで仕事をして、ほとんど汗をかかない生活をして、たまに汗をかいたりすると、皮膚の表面にミネラル分を含んだ常在菌が増えて不快な匂いの原因となります。
ところが暑い季節は、早朝や夜のジョギングで適度な運動をつづけていると、汗腺から出る汗の循環もよく、サラサラした汗から不快な匂いなどしなくなります。
不快な汗には、運動不足以外にも食生活やストレスが大きな要因となります。
特に、ストレスによる男性ホルモンのバランスが崩れて、不快な匂いにつながる皮脂の分泌が多くなるようです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る